ご興味のある方は画像をクリックしてください。

アートシリーズ ピーチ×ローズ(34MM) / Rose&Coy

Rose&Coy(ローズアンドコイ)はオーストラリアの腕時計ブランド。
腕時計デザイナーとして15年のキャリアを誇るジョン・ローズ氏によって設立されました。

Rose&Coyの特徴はその薄さ!
シンプルでクラシカルなデザインとは裏腹に、現代テクノロジーの詰まった腕時計です。

■4.1㎜の世界

「デカ厚」流行の反動から、薄型時計が注目されるようになりました。
しかし実はこうした波は、もっと以前。1950年代のスイスでも起こっていたんです。
当時スイスでは、薄型時計の試作に励んでいました。ところがなかなか思うようにいきません。

理由は、薄くしたケースに詰める時計のパーツも小型化が求められるため、非常に技術力を要するからです。
現在でもそれは同じで、薄さが増すほど価格も上昇傾向にあります。

そんな中Rose&Coyは、わずか4.1㎜の薄さに時計の全てを詰め込みました。
まさに1950年代のスイスが追い求めたデザインを、現代テクノロジーで実現したのです。

そして薄さだけでなくフォルムの美しさにもこだわりました。
薄い時計はその薄さ故に、手に張り付くような見栄えになってしまう事が多いのですが
Rose&Coyはナイフエッジと呼ばれる手法で360°どこからみても美しいフォルムを作り上げました。

■毎日の小さなストレスを取り除き、よりスマートに美しく

なぜ薄い時計が現代にいたるまで求められ続けきたのでしょうか。
それは、厚みのある時計は袖口につかえてしまうからです。

そもそも時間を知るだけなら今の時代スマートフォンで十分ですが、ビジネスの場ではまだまだ時計の方が好まれる傾向にあります。
それは所作の美しさ、スマートフォンをひらいてみるよりも、腕もとに視線を移す方が、プラスの印象をあたえるからです。

しかし腕時計のファイスが袖口でつかえてしまっては、所作の美しさも半減。スマートさに欠けてしまいます。
通常デザイン性と実用性は相反することが多いですが、Rose&Coyはそのどちらも叶えることができるのです。

今回はそんな薄さとデザイン性にこだわったRose&Coyの時計の中から
《ART SERIES アートシリーズ》をご紹介したいと思います。

アートシリーズの文字盤に描かれるたローズは
アーティストによる手書きデザインをそのまま起こしました。

立体感と温かみのある文字盤が特徴です。

ふとした仕草の際に、目に入るピンク色の花弁は
気品と艶やかな雰囲気を纏い、周囲を魅了します。

■フェイス以外にもRose&Coyには、様々なこだわりがあります。

《ナイフエッジ》
ただ薄いだけでは、つけたとき手首に張り付いたような装いになってしまいます。
そこでケースを極限まで削るナイフエッジと呼ばれる手法で、360°どこからみても美しいフォルムを実現いたしました。

《イタリア製の本革ベルト》
ベルトはイタリア製の本革を使用しているので、使うほどに馴染む楽しみがあります。

《裏地のレッド》
また裏地は上品なレッドに。腕をもたげた時に除くカラーが素敵です。

《ムーブメントは安心の日本製》
オーストラリアのブランドですが、ムーブメントは日本製ですので、安心してご利用頂けます。

《BOX》
通常の梱包でもこちらのBOXに入れてお届け。木目のデザインに、中は鮮やかなブルー。プレゼントに最適です。

これだけの拘りを詰め込みながら、手に取りやすい価格帯なのも嬉しいですね。
お花好き・ピンク好きの方に送れば喜んで頂けること間違いなし!
ペアで着けても、色気のあるファッションだと思います。

恋人やお友達、自分へのプレゼントに。
手元に花を彩りませんか?

ご興味のある方はこちらからご覧ください。

⇒ 手元にバラの花を彩る 華やかさと薄さを兼ね備えた おしゃれな腕時計【アートシリーズ ピーチ×ローズ / Rose&Coyy(ローズアンドコイ)】