父の日腕時計プレゼントMUSHA SAMURAI

MUSHA : SAMURAI (藤巻百貨店特注)

本ブログでも何度かご紹介している藤巻百貨店。

“日本の逸品”のみを取り扱う厳選セレクトショップ
財布やネクタイ、手袋、ケース、食品・飲料などなど
目利きバイヤーが選りすぐった、このサイトでしか売っていない希少性の高い商品を多数取り扱っています。

特に地場産業に注目しており、大手では出回っていない優良商品が多いのが特徴。

大切な方へのプレゼントはココで探せば必ず見つかる!とお薦めする重宝セレクトショップです。

そんな藤巻百貨店がこの度8周年を迎えました!☆

それを記念して

・海外ではナイフ1本数百万円で取引される高級金属“ダマスカス鋼”
・鎌倉時代から有名な岐阜県関市の“刃物技術”を融合した

超別注の機械式腕時計が誕生しました!!

【MUSHA】ダマスカス鋼機械式腕時計「SAMURAI」藤巻百貨店別注モデル

腕時計は時間を読む道具なのと同時に、身に着けるだけで自分を鼓舞してくれる“戦う装備品”でもあります。
スーツを甲冑とするならば、腕時計は刀。
『今日は絶対に負けられない』そんな戦いに一人立ち向かう日があったとしたら、このSAMURAIほど心強い装備はないでしょう。

文字盤に浮かび上がるのは、かの高級鋼材「ダマスカス鋼」の紋様。

ダマスカス鋼は磨くと自然に模様が浮かび上がる特殊な鋼材であり、古代インドから重用されてきました。
この紋様は古来から続く神秘であり、触れれば切れる刃物の凄みを感じ取れます。

そんなダマスカス鋼を研ぐのは日本一の名刀の産地、岐阜県関市のMUSHA。
ドイツのゾーリンゲン・イギリスのシェフィールドと並び「世界の3S」と称される刃物の名産地である。

鎌倉時代より『折れず、曲がらず、よく切れる』と言われた関の刀は
多くの武将に愛され、無類の切れ味を発揮したと伝えられています。

「ダマスカス鋼」×「関の刃物技術」

通常ナイフなどに使われるダマスカス鋼の厚みは4mmほど。
ですが、文字盤として使うにはそれを0.8mmまで削らなくてはなりません。

製作者の大塚氏は「試行錯誤を繰り返し、ようやく歪みを生じさせずに薄く削る製法に辿り着いた」と語ります。

鋼材を何度も折り合わせ層を作るダマスカス鋼は、層の数によって模様も異なるのが特徴。
繊細かつ美しい模様が浮かび上がる為に《64層鋼》を採用してる。とのことです。

見た目は勿論。機能にも手を抜いていません。

・肝となるムーヴメントには、日本が誇るMIYOTA製の自動巻き機械式を採用。
・ケースはハイクラスの腕時計ブランドがこぞって愛用するステンレスSUS316で、サビに強く金属アレルギーを起こしにくい性質を持ちます。
・さらに風防には最高クラスのサファイアクリスタルを採用。
・本体の組み上げは大手国内メーカーのOEMも請け負う東京の職人が手がけています。

せっかくの機械式ですから、内部も見える構造にしたくて。
そこで文字盤にはオープン窓を、裏蓋もスケルトン仕様にしています」と同氏。

・窓のデザインは日本古来の巴紋をイメージ。
・ベゼル部分の波模様は日本刀の刃文を表現したもので「和を意識しながらも、シンプルなデザインを心がけました」と拘りを語ります。

ブラックのケースは、藤巻百貨店だけの8本限定仕様。

そのブラックを引き立てるのが、オーストレッグの鮮やかなベルト。
オーストレッグとはその名の通りダチョウの脚で、一羽から2枚しか取れない非常に希少な高級皮革である。

ケース径はどっしり40mm。
圧倒的な存在感を誇る一本は、ビシッと決めたジャケパンスタイルはもちろん、シンプルなカジュアルスタイルにもバッチリはまります。

ここぞという日に身につければ、気持ちもピリッと引き締まる。
同じ模様の文字盤はこの世に二つと存在しないというのも、この「SAMURAI」を持つ醍醐味。

全てが一点モノゆえ、所有感もひとしお。
父の日へのプレゼントにいかがでしょうか?

ご興味のある方はこちらからご覧ください。

 → 【本日発売★初回8本限定!★ダマスカス鋼で創られたおしゃれな機械式腕時計】(藤巻百貨店紹介ページ)